パチンコ 求人
BLCD、ゲームの感想や雑談などをぼちぼちと…
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 鬼畜眼鏡R その2 | main | 鬼畜眼鏡R その4 >>
鬼畜眼鏡R その3
発売を心待ちにしていた分、あまり急いでクリアしてしまうのが
もったいないような気がして、ハマっている割りにのろのろプレイしております。

今回は、眼鏡×本多ルートでございますよ。

片桐さんのアルファ波が出ているような喘ぎもいいですが、
本多の豪快でたまに声がひっくり返る喘ぎが相変わらず(・∀・)イイ!!

友達発展カプって萌えるよね!!!
どうでもいいけど、『発展』を『ハッテン』と変換したナイスmyPC。


ここからネタバレ


イタリアから一時帰国した二人…友達発展カプならではの
気の置けない会話がいい感じです。

眼鏡に何を言われても動じないような、大雑把で大胆な
本多の性格が禍して、後々の事件を引き起こしてしまうんですね。


酢飯の海鮮カレー丼(´ж`;)ォ・・ォェッ・・・プ

そんなキレンジャーに負けず劣らずのカレー好きな本多さん。
似合わなくなったスーツを着込み、MGNへ挨拶に行く律儀な本多ですが…

いや〜ん、この癒し声別のルートで登場すると得した気分(*´∀`*)
なんというサプライズ片桐
くだらないが、サプライズ片桐とサンライズオレンジは似てるな。似てねぇか。


桜をきっかけに呼び起こされた記憶から、Rさんの眼鏡をかけた克哉に
組み敷かれる本多の怯えた表情…そして黒パンツ(´∀`*)ウフフ

『くくっ、いいぞ、もっと鳴け

そうだ、もっと鳴け

いつもの克哉と違う…と、苦悶の声を上げてるのは可哀想だけど、
痛気持ちいい喘ぎ声は色っぽいな〜。


朝、不審なFAXを見て表情を変える本多。
しかし、ぎこちなくも何事も無かったように振る舞い…

それにしても、澤村の攣りあがった眉毛の角度はすごいな。
わかりやすい悪人面ですね。


そして、危機一髪の事件が…。超あぶねぇ!!死んだらどうすんだ!!


で、本多の告白…ま た か よ!!!!
もう勘弁してくれよぅぅぅ(´Д⊂ヽ

(これからは、ずっとここで1人で暮らすのだ)

これでいいんだ、と自分に言い聞かせる眼鏡の寂しさが伝わってきて切ない。


澤村との一悶着も解決した眼鏡、仕事中に携帯メールが届き…

(今すぐにでも行くことができる状況を思うと、自分の有能さを恨めしく感じた)

オイ!!眼鏡にしか吐けないすごいセリフだな。


そして公園での本多の行動に、眼鏡同様度肝を抜かれた。
恥も外聞も投げ捨てた、みっともないけど潔い行動が本多らしいですね。

あの事件についての詳細と、自分の気持ちを訥々と語り始める本多…

正直に男らしく話す本多に対し、眼鏡ときたら!!
ずぶ濡れ状態での一触即発!!さて、どうしよう!?

『殴る』
『蹴る』
奥の手

…奥の手って何じゃ?必殺技か?昇龍拳的な。



………あぁ、確かに必殺技ですね。

てっきり格闘になるかと思ったら、後々別の格闘になだれ込むのですか。

やっとお互いの隠し事を曝け出して、仲直りできてよかった(*´ω`*)


お風呂エチは、本多の色気が超やべぇ。筋肉(*´Д`)ハァハァ

未だにヤるかヤられるかに拘ってる本多ですが、すでに臨戦態勢の眼鏡。
鬼畜で甘〜い攻めに…

『これはっ、お前が…そう反応するようにしたんじゃないか…

あらやだ!!前作では後ろだけじゃ感じなかったのに、
イタリアで眼鏡にどんな調教されちゃったのかしら!!ゲヘゲヘ。

体勢が苦しそうですが、エロい喘ぎをたっぷり聴けて満足。


オチは前作同様、眼鏡が一枚上手でした。
ヤリ納めも見たかったわ。


個人的には奥の手以外を選んだ時の、感情剥きだしでボロボロになった眼鏡が
本多が相手だからこそ素を出したという感じがして、とても好きです。

青春です。まさに青春劇場です。


別々の道を歩いていても、帰る場所は同じ。
どこに居ても何をしていても、ちゃんと心は繋がってる…素敵だなぁ。

友情と愛情がタッグを組むと、最強なんですね。

本多が期待している、本多×眼鏡…見たいような、見たくないような?
でもやっぱり本多は、眼鏡に翻弄されてるのが可愛いからなぁ。


さて、お次は眼鏡×御堂さんルートでハッスルします。


ツンツンデレデレ…楽しみ(・∀・)ニラニラ


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://boysvoice.jugem.jp/trackback/56
TRACKBACK